品川駅にて「タクシー乗り場需要の可視化による交通行動の最適化実証」を実施

~鉄道と二次交通のシームレスな移動に向けたニーズ検証の実施~

 

2022年11月7日 日本・東京

  •  東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:深澤祐二、以下「JR東日本」)、株式会社日立製作所(本社:東京都千代田区、執行役社長兼CEO:小島啓二)、DXCテクノロジー・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:西川望)は「タクシー乗り場需要の可視化による交通行動の最適化実証」と題し、品川駅にて実証実験を行います。
  • 本実証実験では、実証実験Webサイトより、品川駅高輪口(西口)タクシー乗り場の「リアルタイム混雑状況」などの情報提供を行います。
  •  本実証実験は、「モビリティ変革コンソーシアム」の実証実験の一つとして実施します。昨年度の東京駅八重洲口で実施した実証実験を踏まえ、社会実装を見据えた、他箇所でのニーズ確認、課題検証を実施致します。

 

1.実証実験の概要

(1)名称

「タクシー乗り場需要の可視化による交通行動の最適化実証」

 

(2)取り組み内容

品川駅高輪口(西口)タクシー乗り場付近にカメラを設置し、データを取得・解析することで、タクシー乗り場の混雑情報を実証実験Webサイト上で、お客さまへ提供することを可能にします。お客さまはタクシー乗り場に到着する前に、混雑情報を把握することができ、目的地までの行動計画が立てやすくなります。
※カメラで撮影した取得映像は、利用者数のカウントおよび混雑状況の可視化のみに使用し、映像データは人数集計後に即時破棄される為、個人情報は保存されません。

<実証イメージ>

(3)実証実験Webサイトのご案内

実証実験Webサイト(https://jre.dxc-wma.com)より、品川駅高輪口(西口)タクシー乗り場の「リアルタイム混雑状況」をご確認頂けます。
また、JR東日本グループのスマートフォンアプリ「Ringo Pass」「JR東日本アプリ」と連携します。(別紙(PDF)参照

<実証実験Webサイトイメージ>

(4)実施期間

2022年11月7日(月)~2022年11月30日(水)

 

(5)実施場所

品川駅高輪口(西口)タクシー乗り場

 

2.実証実験体制

本実証実験は、JR東日本単独では解決が難しい社会課題や、次代の公共交通のあり方についてオープンイノベーションによりモビリティ変革を実現する場として、2017年9月5日に設立した「モビリティ変革コンソーシアム」の中で、Future Mobilityワーキング実証実験のひとつとして実施します。

実施体制および各企業の役割は以下の通りです。

   会社名  役割
 コンソーシアム 
 主催企業 
 東日本旅客鉄道株式会社  実証実験事務局
 実証実験 
 幹事企業
 株式会社日立製作所  実証実験推進、運営
 実証実験 
 参加企業
 DXCテクノロジー・ジャパン株式会社   実証実験ソリューション提供 

 

 

3.取り組み背景

モビリティ変革コンソーシアムFuture Mobilityワーキングでは、「すべての人が、安全に、より便利で楽しみのある移動サービスを享受し続けられる、豊かな社会の実現」を目指しています。本実証実験は、二次交通の交通結節点である駅でのタクシー乗り換えをスムーズに行い、シームレスな移動を実現すると共に、密を避けて安全・安心に駅を利用したいというニーズに着目し、駅前タクシー乗り場における「混雑情報提供」の実証実験を実施します。

 

4.昨年度の取り組みと今後

昨年度は東京駅八重洲口でも同様の実証実験を実施し、ニーズ検証を実施しました。実証結果では、お客さま・タクシー事業者の8割以上から駅前タクシー乗り場の混雑情報が提供された場合の利用意向があり、取り組みのニーズを確認するとともに高い関心を頂くことが出来ました。また、他駅での展開を期待するお客さまの声も頂き、今回の品川駅高輪口(西口)での実証実験を行うこととしました。東京駅とは異なる他駅での実施により、他箇所でのニーズ、行動変容の検証を実施するとともに、昨年度の実証を踏まえた、新たな課題検証を実施します。
本実証実験の結果を踏まえ、今後の社会実装に向けて検討を推進していきます。

 

東日本旅客鉄道株式会社
コーポレート・コミュニケーション部門
03-5334-1300

株式会社日立製作所 
鉄道ビジネスユニット 経営企画本部 エクスターナルコミュニケーション部
080-8007-5946

DXCテクノロジー・ジャパン株式会社
広報担当
> メールアドレス