DXC Robotic Drive

自動運転開発を劇的に加速するハイパフォーマンスデータ基盤

完全な自動運転を実現するための開発競争はすでに始まっています。より良い自動運転車両を開発して最高水準の自動運転を世界で最初に実現する自動車メーカーは、市場をリードするだけでなく、未来の交通や移動手段を定義する存在となります。

自動運転の研究開発に携わるエンジニアやITチームは、テスト車両から何百万時間にわたるテストのデータを収集し、保存しています。周囲の環境の情報を認知して自動運転車両を正確にナビゲートする制御システムを開発するために、エンジニアやITチームは関連のあるコンテンツの抽出、分析、解釈を行うために記録データをふるい分ける必要があります。研究開発のサイクルを加速するために、自動車メーカーは人工知能(AI)を利用し、革新的なツールを備える必要があります。

 


市場への製品投入にかかる時間を削減:

6 GB/秒から8 GB/秒のオフロード速度でテスト走行再開までの時間を短縮。車両データをネイティブフォーマットのまま分析することで分析時間を数週間から数時間に短縮。


イノベーションで市場におけるリーダーシップを向上

日々発生する数百ペタバイト規模の試験データを利用して、より高度な自動運転レベルへすばやく到達。


コストの削減

研究開発機材、コンピューティング能力、人材の効率的な活用により、テスト走行車への投資収益率を最大化。

 

DXC Robotic Driveが実現するメリット

DXC Robotic Drive は、自動運転開発に関わるチームが必要とするプラットフォーム、ツールキット、専門知識を提供し、自動運転開発におけるエンドツーエンドのエンジニアリングとテストを加速します。研究開発とITのチームは、世界中に散在する大量のセンサーデータを迅速に収集、管理、分析し、市場における完全な自動運転車両の開発競争にかかる時間とコストを削減する必要があります。

オープンソースのエコシステムで供給される標準コンポーネントを用いて構築されたDXC Robotic Driveは、さまざまなお客様のニーズに合わせて、アドバイザリ、検証、実装、運用サービスと合わせてご提供できます。このソリューションは、クラウド、オンプレミス、またはハイブリッドのプラットフォームで利用でき、ビジネスニーズの変化に応じてワークロードを柔軟に移動させることができます。



DXC Robotic Driveの主な機能

  • 車両データをネイティブフォーマットのままで分析可能にし、研究開発のプロセスを加速
  • 環境データ(知覚データや位置データなど)の収集、保存、分析を行い、アルゴリズムトレーニング向けのデータを素早く準備
  • データ分析とアルゴリズム開発を加速し、AIの進化に必要なコンピューティング能力、アクセラレーター、自動化を提供
  • 自動運転のプラットフォームを使用することで、開ループ/閉ループソフトウェア、ハードウェア機能テストのシミュレーションを実行
  • ディープラーニング用クラスタ、データ統合のコアタスク、モーションコントロールを使用して、AIと機械学習のアルゴリズムをエンドツーエンドで管理
  • 自動運転車両の信頼性と安全性を確保し、公道走行許可を得るための機能テストの実施を自動化

より詳細な資料はこちら




 

自動運転の開発にDXCを選ぶ理由

  • 自動運転の開発に関する専門性
  • 自動運転の複雑な課題にエンドツーエンドで対応
  • 実証済みのアジャイルアプローチで自動運転開発をサポート
  • 技術的な独立性とクラウド対応を備えた自動運転開発プラットフォームを提供
  • 世界規模での自動運転開発を実現
  • 実績豊富なパートナーとの協業

より詳細な資料はこちら

 


パートナー協調によるお客様事例

BMWグループ

RedHatテクノロジーをベースとしたDXC Robotic Driveをデプロイ

詳しく見る(Red Hat社Webページへ)


より詳細な機能などについては、パンフレットをご確認ください。


 

お客様の現在の自動運転車両開発の課題を確認し、ビジネスチャンスを見いだすために、ぜひ一度DXCにご相談ください。自動運転車両開発におけるエンドツーエンドのエンジニアリングとテストを加速することにより、市場への製品投入までにかかる時間を短縮し、コストを削減し、自律型モビリティに向けた競争をリードしましょう。これらの実現に向けてDXCがご提供する支援について、当社のエキスパートがご説明いたします。

今すぐお気軽にご相談下さい